DISEASE

Diabetic Retinopathy                       糖尿病網膜症

糖尿病網膜症
日本人の糖尿病患者さんのうち糖尿病網膜症にかかっている割合は、約15%とされ、約140万人が糖尿病網膜症にかかっていると推定されています。糖尿病網膜症は、年間約3,000人の失明を引き起こし、成人の失明原因の第2位、50〜60代では第1位である。糖尿病網膜症は、糖尿病になってから数年から10年以上経過して発症するといわれており、かなり進行するまで自覚症状がないこともある。

病態生理
糖尿病によって、血糖が高い状態が長く続くと、網膜の細い血管は少しずつ損傷を受け、変形したりつまったりする。血管がつまると網膜のすみずみまで酸素が行き渡らなくなり、網膜が酸欠状態に陥り、その結果として新しい血管(新生血管)を生やして酸素不足を補おうとする。新生血管はもろいために容易に出血を起こす。出血すると網膜にかさぶたのような膜(増殖組織)が張ってきて、これが原因で網膜剥離を起こすことがある。

分類
分類糖尿病網膜症は、進行の程度により大きく三段階に分類されます。
(1) 単純糖尿病網膜症
初期の糖尿病網膜症。細い血管の壁が盛り上がってできる血管瘤(毛細血管瘤)や、小さな出血(点状・斑状出血)、蛋白質や脂肪が血管から漏れ出て網膜にシミ(硬性白斑)を形成することもあります。
(2) 前増殖糖尿病網膜症
単純網膜症より、一歩進行した状態。細い網膜血管が広い範囲で閉塞すると、網膜に十分な酸素が行き渡らなくなり、足りなくなった酸素を供給するために新しい血管(新生血管)を作り出す。この時期になるとかすみなどの症状を自覚することが多いのですが、全く自覚症状がないことも。前増殖糖尿病網膜症では、多くの場合、網膜光凝固術を行う必要があります。
(3) 増殖糖尿病網膜症
進行した糖尿病網膜症で重症な段階。新生血管が網膜や硝子体に向かって伸びる。新生血管の壁が破れると、硝子体に出血することがある。硝子体は眼球の中の大部分を占める透明な組織で、ここに出血が起こると、視野に黒い影やゴミの様なものが見える飛蚊症と呼ばれる症状を自覚したり、出血量が多いと急な視力低下を引き起こす。また、増殖組織といわれる線維性の膜が出現し、これが網膜を引っ張って網膜剥離(牽引性網膜剥離)を起こすことも。この段階の治療には、手術を必要とすることが多くなりますが、手術がうまくいっても日常生活に必要な視力の回復が得られないこともあり、この時期になると血糖の状態にかかわらず、網膜症は進行していき、特に年齢が若いほど進行は早く、注意が必要である。

  1. DISEASE

  2. Age-Related Macular Degeneration                                  加齢黄斑変性

  3. Diabetic Retinopathy                       糖尿病網膜症

  4. Retinitis Pigmentosa                                    網膜色素変性症

PAGE TOP