News Releases
2022年02月04日

シードラウンドの資金調達を実施しました

遺伝子治療による視覚再生の早期実用化を目指す株式会社レストアビジョン(本社:東京都港区、代表取締役:堅田侑作、以下「レストアビジョン」)は、リアルテックファンド、ANRIおよびRemiges Venturesがそれぞれ運営するファンドを引受先として、第三者割当増資により、総額3億円の資金調達(以下「本資金調達」)を実施いたしました。
レストアビジョンがベンチャーキャピタルファンドから出資を受けるのは今回が初となります。
 
このたび調達した資金は、慶應義塾大学とともに採択された国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)等の補助金計3億円とあわせて、6億円の資金をもって、当社のリードパイプラインであるRV-001の製剤開発、非臨床試験等を推進し、RV-001の臨床試験の早期実現を目指します。